社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 2代目に譲らず廃業を選択

2代目に譲らず廃業を選択

 

今回は、2代目に譲るより廃業を選択についてです。

東京商工リサーチの調査結果によると、
昨年、休廃業・解散した企業は4万9,698件ということです

前年より14.6%増加しました。

調査開始から最多の件数となりました。

新型コロナウイルスの影響で経営者が事業を
継続させる意欲がなくなったのも一因です。
逆に昨年の倒産件数は2年ぶりに減少しました。

雇用調整助成金やコロナ対策融資で倒産せずに延命したようです。

廃業した企業の代表者の年齢は、70代が最も多く41.7%でした。

そして、60代以上が全体の84.2%を占めています。

代表者の高齢化と後継者不在に加えてコロナによる経営不振で、

やむなく廃業・解散したケースが多いと考えられます。

2代目に譲らず廃業を選択した経営者が多いようです。

M&Aをするチャンスが到来したともいえます。