社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

雇用情勢の回復はいつ? 雇用調整助成金の特例措置延長と最低賃金

 

未だ新型コロナウイルスのが収束していない状況下で、安倍首相が突然の辞意表明となりました。

当社が申請代行をしている助成金の種類は、

その時の首相の方向性によって増えたり減ったりします。

2012年12月に安倍首相が民主党政権奪取した際は、翌年2月から続々と新助成金が投入されました。

次期首相にも期待したいところです。
雇用調整助成金の特例措置は9月末で終了の予定でしたが、

今年の12月末までの延長が決まりました。

観光業やイベント業などがコロナ前の水準に戻るのには数年かかると言われていますから、

今後さらに延長される可能性もあります。
毎年10月に改訂される最低賃金も確定しました。

昨年まで毎年、各自治体ごとに30円前後上がっていましたが、

新型コロナウイルスによる景気低迷により、東京都など7都道府県は据え置き、

値上げした県も2円前後のアップにとどまり、昨年とほぼ変わりません。

新型コロナウイルスのワクチンができたとしても、すぐに景気が上昇することはないので、

来年も最低賃金の大きな引き上げは行われないでしょう。